收藏

2015冬新作 プラダ スーパーコピーラウンドファスナー レディース メンズ KP5028編集

「ごめんください」  玄関に男の声がした。ちょうど畠から上がって来た国一と、仕事先から帰ってきたたかと、益子、和子の四人が、昼食を始めようとした時だった。 「あ、うちの人やわ」  和子の顔が、ぱっと輝いた。三人は何となく顔を見合わせたが、たかがすぐ立って玄関に出た。  たかのうしろに、身を縮めるようにして、保郎が入って来た。 「この度は、どうも……」  坐るなり保郎は、畳に額をすりつけ、 「ぼくの言葉が荒ろて……とにかく、ぼくが悪かったんです。申し訳もありません」  国一が言った。 「榎本君、君も短腹で苛立ちやすいのは悪いが、飛び出した和子も悪い。こらえ性があらへんのや。ま、教会と保育園と、結婚と、三つが一緒に始まったんや。いろいろ大変やろ」  と、ごく穏やかな声音で言った。 「いや……ぼくが悪いんです。和子はようやってくれるんです……怒ったぼくが無理やったんです」  保郎はしどろもどろに言って、額の汗を拭いた。たかが言った。 「和子、榎本はんにばかり謝らせて、お前は何も言わんのか」  和子は両手をついて、 「ほんまに、すんません……」  と半ば口の中で言い、 「けど、どうして一週間もほかっておいたん?」
表示ラベル:
404 Not Found

404 Not Found


nginx